NOW & NEW

  • Information
  • news

Announcement – Offical Opening of our Hiroshima Travel Website. (広島観光メディアサイト開設のお知らせ)

Wako, a jewellery store operating in Hiroshima prefecture (Location: Hondori, Naka-ku, Hiroshima City, Representative Director: Nobunaga Tanaka) will launch “Joy in HIROSHIMA,” a Hiroshima tourism web media for foreign tourists, on Friday, October 22.

Joy in HIROSHIMA: https://joyinhiroshima.com

 

広島県で宝飾品の販売を行う株式会社和光(所在地:広島市中区本通、代表取締役 田中 宣永)は、外国人観光者向けの広島観光ウェブメディア『Joy in HIROSHIMA』を10月22日(金)に開設します。

Joy in HIROSHIMA: http://joyinhiroshima.com

 Background

Hiroshima attracts a large number of foreign tourists every year. Ever since the annual number of foreign tourists exceeded 1 million people in 2014, the number of foreign tourists visiting had continued to increase every year. In 2019, that number reached 2.76 million, making it one of the top cities in Japan in terms of the number of foreign visitors.

However, in 2020 the tourism industry was severely damaged by Corona pandemic, resulting in a drastic decrease in the number of foreign visitors. This was a huge blow to Hiroshima Prefecture, which had previously continued to grow rapidly and thrive in the tourism industry.

Helping the tourism industry to recover is not only a theme in Japan, but all over the world. For a long time, Wako has wanted to convey all of the appealing points of Hiroshima Prefecture to the world from the perspective of those who live in here, so at the end of 2019, Wako and dozens of foreigners living in Hiroshima Prefecture formed a team to launch a project.

This led to the creation of “Joy in Hiroshima” a soon to be launched web media based on the concept of “travel stories that explore deep parts of Hiroshima” developed from the perspective of both foreigners living in Hiroshima and residents of Hiroshima Prefecture.

Through this media, we hope to increase the number of foreign tourists to Hiroshima, both domestic and international, by introducing more places and ways to enjoy sightseeing spots as recommended by foreigners living in Hiroshima. Tourists will be able to learn about local spots where they can experience daily life in Japan, and discover Hiroshima’s special attractions that you might not find in a guide book.

In the future, we would like to expand this service to other areas in the Chugoku region, in order to contribute to the expansion of tourist areas as well as help revitalise the entire Chugoku region using Hiroshima as a hub.

開設背景

毎年多くの外国人観光客で賑わう広島。2014年に年間外国人観光客数が100万人を超えてからも年々増加し続け、2019年の年間外国人観光客数は276万人となり、全国でも上位の外国人訪問数を誇る都市となりました。

しかし、2020年以降のコロナ禍で観光客が激減し観光業界は大きなダメージを受けることになり、観光産業で急成長し続けていた広島県にとっても大打撃となりました。

日本だけでなく、世界中でテーマとなる「観光復興」ですが、和光では兼ねてから広島で暮らす人の目線で広島県の魅力を世界へ発信をしたいと考えており、2019年末より和光と広島県在住の外国人17名がチームを組みプロジェクトを立ち上げておりました。

そして、この度ローンチするメディア「Joy in Hiroshima」は、広島在住外国人と広島県民の両視点で展開する「広島を深掘りする旅のストーリー」がコンセプトとなるウェブメディアとなります。

このメディアを通じて、在住外国人が教える観光スポットの楽しみ方や、日本の日常を身近に感じることができるローカルスポットなどを紹介して、より多く広島の魅力を発信することで国内外の外国人旅行者を増やしていきます。

また、将来的には広島県以外の中国地方の各県へエリアを拡大させ、広島をハブとした中国地方全体の観光エリア拡大と地方創生へ貢献していきたいと考えております。

2022年には中国・香港・台湾向けの中国語版を開設予定。

Site Features

A 100 stories of things to experience in Hiroshima, various spot-lists.
Stories from foreigners living in Hiroshima that will help you discover hidden places and ways to enjoy Hiroshima that you won’t be able to find in guidebooks.

サイトの特徴

広島で体験できる100のストーリーと、様々なスポットリスト

ガイドブックには載らない広島の楽しみ方やニッチな場所を在住外国人がストーリー形式でお伝えします。

また、「見る・体験する・買う・食べる」を伝えるスポットリストを掲載。1年内に500ヵ所スポット掲載を目指します。

Foreign management members

In addition to the members of Wako, we have added foreigners to our team to help us with writer selection, article checking, video distribution, and translation.

  • Lewis Rice – New Zealand (Pastor, Web creator, WAKO main advisor)
    Thales Lopes – Brazil  (Nursery school teacher, video creator, WAKO creator)
    George Lauer – USA  (Real estate sales, WAKO translator)
    Mitchell Adams – New Zealand  ( Translator, WAKO translator )

In addition to these names, we have 13 foreign writers from all over the world who will work together to manage the site.

外国人運営メンバー

和光のメンバー以外に外国人の方々をチームに加え、ライター選定、記事チェック、動画配信、翻訳など協力いただいております。

ライス・ルイス~Lewis Rice~ ニュージーランド出身 (牧師、WEBクリエイター、WAKOメインアドバイザー)

タレス・ロペス~Thales Lopes~ ブラジル出身 (保育士、映像クリエイター、WAKOクリエイター)

ジョージ・ラウアー~George Lauer~ アメリカ出身 (不動産営業、WAKOトランスレイター)

ミッチェル・アダムス~Mitchell Adams~ ニュージーランド出身 (トランスレイター、WAKOトランスレイター)

バン・ケビン~Kevin Peng~ アメリカ出身 (外国言語講師、教授、WAKOライター)

その他、12名の世界各国出身の外国人ライターと力を合わせて運営を行います。

Joy in Hiroshima project main member

Production Partner

 Gear8 Inc. (Sapporo, Japan), a company based in Hokkaido, has been invited as our production partner to help us with website production, planning, design and strategy.
GEAR8 Co. Ltd. not only produces websites, but also operates “Trippino HOKKAIDO“, a web media for foreigners to enjoy traveling in Hokkaido, and is actively involved in the development of Hokkaido’s tourism industry through expansion of its bases into Bangkok, Chiang Mai and Taipei.

 GEAR8 Corporation  1st Floor, Iwasa Building, 5-5 Kita 3-jo Higashi, Chuo-ku, Sapporo

制作パートナー

北海道を拠点として活動する株式会社GEAR8(札幌市中央区)を制作パートナーとして迎え、サイト制作、企画、デザイン、戦略など協力いただいております。

株式会社GEAR8は、サイト制作事業だけでなく外国人向けの北海道旅行を楽しめるウェブメディア「Trippino HOKKAIDO」も運営しており、バンコク・チェンマイ・台北へ拠点を広げて北海道の観光産業発展へ向けて積極的な活動を行っております。

株式会社GEAR8 札幌市中央区北3条東5-5岩佐ビル 1階

【Reference Information】

Tourism Situation in Hiroshima

The number of foreign tourists visiting Hiroshima was about 500,000 a year in 2009, however President Obama’s visit in 2016 helped to draw global attention to the city. By 2019, the number of visitors had increased to 2.76 million, a 550% increase in 10 years.

Characteristics of foreign visitors to Hiroshima

Europe, America and Australia are Top 3 countries with visitors to Hiroshima.
There is a low percentage of repeat visitors.
Many visitors pass through Hiroshima on their way to Osaka, Kyoto
Foreigners regard Hiroshima on the same level as Tokyo, Kyoto in terms of being a famous place.

Tourism issues in Hiroshima

Most visitors are transit tourists, staying fewer days.
Low unit travel spending compared to other prefectures.
Tourist attractions mainly revolve around the A-bomb Dome and Miyajima Island.
Low number of visitors from China, Hong Kong, Taiwan and other Asian countries.

【参考情報】

広島の観光状況

広島を訪れる外国人観光客は2009年ではおよそ年間50万人だったが、2016年のオバマ大統領の訪問も広島が世界的に注目されるきっかけとなり、2019年には276万人へ増加して10年で5倍へ成長。

広島を来訪する外国人旅行客の特徴

・広島県を訪れる旅行客の中心は欧米豪 ※上位 3ヵ国は欧米豪
・来訪頻度が2回以上の「リピーター」割合が低い
・京都や大阪などからの通過型観光になりやすい
・外国人にとって広島の知名度は東京や京都と同レベル、圧倒的に高い

広島の観光課題

・通過型観光地として訪れるケースが多く、宿泊日数は少なめ
・他県の観光地に比べると旅行消費単価が低い
・観光スポットが原爆ドームと宮島などの周辺に偏っている
・中国、香港、台湾などアジア圏からの来訪者が少ない

Site Outline

Site Name              : Joy in HIROSHIMA
URL                   : https://joyinhiroshima.com
Opening date              : October 22nd (Friday)
Managing Company   :Wako Corporation

サイト概要

サイト名   : Joy in HIROSHIMA

URL     : https://joyinhiroshima.com

開設日時   : 10月22日(金)

運営会社   : 株式会社和光

Company profile

Trade name : Wako Corporation
Representative : Representative Director, Nobunaga Tanaka
Address : 5-10 Hondori, Naka-ku, Hiroshima City,
Hiroshima 730-0035
Establishment : 1953 February
Business activities : Jewellery brand “WAKO” and bridal jewellery
“WAKOBRIDAL”.We also operate a rental space
business forHiroshima, a nationwide jewellery
e-commerce site and other content sites.
Capital : 10 million yen
URL : Jewelry URL:      http://www.wako-jewelry.com
Bridal URL:           https://www.wako-bridal.com
Online URL:         https://www.wako-online.jp/
Contents URL:    https://www.wedding-door.jp/
Rental Space URL: https://amber-hiroshima.com/

会社概要

商号: 株式会社和光

代表者: 代表取締役 田中 宣永

所在地: 〒730-0035 広島県広島市中区本通5-10

設立: 1953年2月

事業内容:ジュエリーブランド「WAKO」、ブライダルジュエリー「WAKO BRIDAL」の展開。全国向けにジュエリーECサ イトやコンテンツサイトを運営。その他レンタルスペース事業、トラベル事業を運営。

資本金: 1,000万円

URL:

Jewelry URL : https://www.wako-jewelry.com
Bridal URL:       https://www.wako-bridal.com
Online URL:       https://www.wako-online.jp/
Contents URL : https://www.wedding-door.jp/
Rental Space URL:https://amber-hiroshima.com